イメージ

2002年、SUV分野への参入を考えていたポルシェとレンジローバーに代表される高級SUV分野へ本格参入したかったフォルクスワーゲンの思惑が合致し、「新しいかたちのスポーツカー」ポルシェ初の5ドアSUV車「カイエン」がポルシェとフォルクスワーゲン両社で開発費用を分担し共同開発された戦略モデルとしてデビューしました。
フォルクスワーゲン・トゥアレグとは共通のFFベースのプラットフォームを持ちベースとなるシャシーこそ同じではありますが、クラスの違いからエンジン、足回り、車体の強度、内外装等車を構成する多くの部分で両者は異なり、十分なオフロード走破性保ちながら、ポルシェらしいスポーティなハンドリング、走行性能、外観を持っています。
代表的なグレードとしてカイエン(V6)・カイエンS(V8→V6ツインターボ)・カイエンターボ(V8ターボ→V8ツインターボ)カイエンGTS(V8→V6ツインターボ)やE-ハイブリッドがあります。

用途の幅広いカイエンは「大事に綺麗に」乗られているオーナー様から「ハードにアクティブに」乗られている方までさまざま。綺麗であることは高価買取の条件として重要ではあるのですが、一方でハードに使い込み「どうせそんなに値段は・・・」と諦めてしまっているオーナー様、お待ちください!SUVは世界的に人気ですから。
「世界基準で見れば綺麗」というのはよくあることです。ポルシェ買取.CAFEは世界のお客様や市場とお付き合いがありますから「世界基準で高価買取」出来るのです。

ポルシェがSUV?
そんな戸惑いをよそに、2002年のデビュー直後から大ヒットを記録したカイエンは、ポルシェに莫大な利益をもたらすと同時に、景気の波に左右されやすいスポーツカービジネスへの依存度を低くし経営の安定化を図りたいという悲願をも見事に達成してみせたエポックメーカー。
カイエンが成功した最大の理由を極端に単純化すれば、フェラーリと並びたつ世界でもっとも有名なスポーツカーメーカーがつくったSUVだったからということになる。
世界的に流行していたプレミアムSUVと伝統のポルシェバッジの組み合わせとなれば、心惹かれる人が大勢現れるのは不思議なことではない。 もちろん、それだけでは成功はおぼつかない。
重要なのはカイエンに「さすがポルシェ」と思わせる部分がたくさん備わっていたことだ。

誰がどう見てもポルシェに見える顔つき、圧倒的なパワースペック、驚愕のブレーキ性能……。これらはすべて、ポルシェ初の非スポーツカーであるカイエンを「なるほどこいつはポルシェのバッジを着けるに相応しいクルマだ」と認めさせるための方策だったのである。 そんなカイエンが2010年に8年ぶりのフルモデルチェンジし2世代目へと進化した。
4.8リッターV8ターボ(500ps)を積むカイエンターボを頂点に、4.8リッターV8(400ps)のカイエンS、3.6リッターV6(300ps)のカイエンを揃えるラインナップは従来どおりだが、新たにアウディS4用の3.0リッター直噴V6スーパーチャージャーにハイブリッドを組み合わせたカイエンSハイブリッドも用意。
3.2リッターでスタートした先代のV6は、ポルシェとしては明らかにパワー不足だったが、ご存じのように途中で行われた3.6リッター化によって見違えるほどの動力性能を獲得した。マイナーチェンジ後のモデルなら、もっとも廉価なV6でもポルシェの名に恥じない走りを演じてくれたということだ。

2代目カイエンが積むV6は、排気量こそ従来と同じ3.6リッターだが、最高出力を従来比10psアップの300psへと向上。トルクも15Nm増えて400Nmの大台に乗せてきた。その結果、0-100km/h加速性能は従来の3.6リッター比マイナス0.3秒の7.8秒をマーク。
これには約20kgに及ぶ大幅な軽量化や、ATが6速から8速になったことも貢献しているが、いずれにしても燃費低減が強く求められるなか、動力性能が先代を上回ってきたのはポルシェの意地である。

2018年には前回と同じ時を経て3代目へとフルモデルチェンジした。
基本的には従来と同じ3つのグレードが用意されており、ベースグレードのカイエンは最高出力340ps、最大トルク450Nmを発揮する3.0リットル直6ターボエンジンを、カイエンSは440ps/550Nmを発揮する2.9リットルV6ツインターボをそれぞれ搭載し、カイエンターボは最大出力550ps/770Nmとなる4.0リットルV8ツインターボを搭載する。
目下最強のライフスタイルカーであるプレミアムSUV。
しかし、現代だからこその問題として、大きくて重くて燃費の悪いSUVへの逆風が強まってきたのも事実。しかし、ポルシェのバッジを付けている以上、もしカイエンが走りを削って燃費に振り向けたらそれこそ命取りになりかねない。
燃費と走りのどちらをとるかではなく、どちらも取りに行かなければ成立しないのがカイエンの宿命である。

【総評】
スポーツカーメーカーとして走行性能に一切の妥協をせず、その一方で燃費向上を通して社会の要請にも応えていかねばならない。
しかしポルシェに乗ることの最大の意味は、ポルシェという世界最高のエンジニア集団が創りあげた芸術品のようなクルマを骨の髄まで味わうことにある。
カイエンはそんな醍醐味をスポーツカーでは決して手に入らない優れたユーティリティーとともに味わわせてくれる。

無料で高額査定

強化買取車種

カイエン買取実績買取実績

  • 2013年

    カイエン 19600キロ

    屋内車庫での保管、低走行と希少カラーで極上の状態を維持していた大型SUVのカイエン。他社ではポイントに入らない整備記録簿も細かく残っており、愛車への愛情も査定にプラスしました。

一覧へ
アイコン

買取の流れ

買取の流れ
買取の流れ詳細のこちら
  • 事故車・不動車も高額買取
  • ローン中でも買取査定OK
  • 車ご購入をご検討の方はこちら
  • 車検・整備・修理はこちら